FC2ブログ

消防団は今。

礼式訓練

我が市消防団では今、礼式訓練の練習がおこなわれています。

市には、4町で4つの方面団があり、我が町には7つの分団があります。

僕は長年その第一分団に所属し、

この春にめでたく退団したのですが、

分団長より礼式訓練の指導を頼まれ、

昨夜も、町内の中学校の体育館での練習を見てきました。

2月に本番の競技会があり、

そこで選出されれば、ポンプ操法の競技会に進出することになります。

幸い我が分団員は士気も高く、指導しがいがあり頼もしく思っています。

そんなわけで、

日体大の集団行動は本当に参考になり、最近よく見ています。



上の写真はその練習風景です。

一通り動画にとって、みんなに見てもらいました。

さあこれから、





ビシビシやります。







ポンプ操法県大会出場が当面の目標なのです。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

宇宙へ

結果論

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

セイアの神様

カエルさんは怒っています。

争うのは、自分の思う唯一絶対の神様を、

皆が信じないからだと。

全知全能の、唯一絶対の神様こそ、

幸せな世界を与えてくださるのに。

そして、

考え得る総ての戦略、戦術、武器を用意しました。

最先端の科学でした。

いよいよ出発、という時、

光と共に無数のカエルが現れました。

そして誰ともなく声がしました。

私たちは、神だよ。

ほら、無数に居るだろう。

全知全能なのは知っての通り、

君の周り、世界中、存在のすべてを埋め尽くしているのだよ。

其れを解って貰う為に、ここに来たのだ。

そして唯一絶対こそ、私たちの正反対のものだと言う事を、

知ってほしいのだ。

「そんなこと、、、、、」

「唯一絶対の存在」

「それは、君にとって、君自身なのだよ。」

「自分という、意識を大切にしなさい。」

そして自分という存在が世界中にあると言う事を知りなさい。

私たちは、争いを起こすためにいるのではないのだよ。

あらゆる方向からの声に呆然としているとき、

「さあ次の井戸に行きましょう。」

そう聞え、光と共に消えた。

何もかもが消えていたのです。
井蛙の神様


おわり

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

柊が咲いたよ、冬!

KIMG0055 (2)
寒くなりました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Idlying Works.61.

宇宙への扉


一瞬開く宇宙への扉。


テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

makkanataiyou

Author:makkanataiyou
行け!わが想い黄昏の翼に乗って。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

♪なないろの声♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR